1000万円超は戻らないの?
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

激動!日本の歴史
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

「元本1000万円とその利息」ばかりが先走っていますが、この金額を超えた場合、預金は戻らないのでしょうか?

概算払いと概算払い率

ご存じの方も多いとは思いますが、もちろん答えはNOです。

「元本1000万円+その利息」は100%保護され、それを超える部分は一部カットされる場合があると認識してください。どういうことかと言えば、金融機関が破綻すると清算人(管財人)が清算手続きを始めます。優良資産と不良資産の分別やその金額の確定などを行い、確定した段階で預金保険機構が一定の利率で預金者から債権(預金)を買い取り、払い戻しをするのです。

この方法を「概算払い」といい、一定の利率のことを「概算払い率」といいます。そして、この「概算払い率」は破綻金融機関からの弁済見込み額(清算見込み額)を考慮して決定されます。

預金買い取り額の計算式

                 <出所> 金融広報中央委員会 

たとえば、この概算払い率が100%であれば「元本1000万円超+その利息」の全額が、同50%なら半分が戻ってくることになります。さらに、清算処理が終わり預金保険機構が回収した額が回収費用を差し引いても、この概算払い額を上回る時には、その差額分が預金者へ戻されます。

99年10月に破たんした新潟中央銀行を例に挙げると、債務超過額は3817億円で、同年3月末の負債総額から試算してみると、ペイオフ解禁後の破たんだった場合、1000万円を超える分や外貨預金などは約3割カットされた計算になるそうです。貸出金などの資産が高く売れず、損失が膨らんだのが理由とされています。戻ってきたのは7割でした。

 

次へ

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2012/11/16