公庫と銀行の団信の違い
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

日銀の金融政策
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

公庫と銀行で団信を利用した場合の保険料の仕組みをご説明します

[New!]中国ショックの余波 日本の不動産「爆買い」は消滅か

[New!]犯罪の現場と化す空き家 多発する「空き部屋詐欺」に要注意!

[New!]ゆうちょ銀行が今秋に上場 住宅ローン市場へのインパクト

[New!]団信保険 死亡・高度障害による債務弁済手続きの流れ 

[New!]団信保険の告知義務違反 その行く末は?  

 

住宅金融公庫融資を申込む際に、団体信用生命保険(団信)への加入をどうするか聞かれます。つまり、公庫の場合は団信への加入は任意だからです。「入る、入らない」はローン申込者が自由に決められます。

 <参考>   「団信」って必ず加入するの?

一方、銀行などの民間金融機関のローンを利用する場合は、団信への加入が融資条件となっている場合がほとんどで、強制加入となっています。

 (注)2007年4月から、住宅金融公庫は「住宅金融支援機構」へ生まれ変わりました。

 

では、団信加入の際の保険料について比較してみましょう。(2002年3月現在)

融資期間 住宅金融公庫(初年分) 三井住友銀行住宅ローン(外枠方式)
10年 28,100 85,440
20年 28,100 148,840
30年 28,100 191,370

  注:元利均等返済で1000万円借入れをした場合の金額(単位:円)です。

 

公庫の特約料(保険料)は融資期間に関係なく、融資金額にだけ比例します。支払い方法は年払いで、ローン残高がある限り毎年払い続けなければなりません。しかし、ローン残高は毎年減りますので、それにあわせて特約料も毎年少なくなります。ただし、繰り上げ返済を利用してローン残高が減少した場合も、すでに支払い済みの特約料は返金されません

※公庫の保証料については、「繰り上げ返済」によりローン残高が少なくなると、支払い済みの保証料が一部返金されます。

加入できるのは、公庫の融資申込みの際に「同時」に申請しなければならず、途中加入はできません。逆に、一度加入して途中で解約することは問題ありません(しかし、解約後の再加入はできません)。

銀行の場合は、ローン申込み時に1回だけの支払です(外枠方式の場合)。しかし通常、保険料はローン金利に含めてしまい(=内枠方式といいます)別途、保険料だけを徴収する方法は珍しく、中には「保険料が無料」なのかと勘違いさせられてしまいます。

 

内枠方式  金利に含めて保険料を支払う方式(別途支払はなし)
外枠方式  ローン申込み時に別途、保険料を支払う方式(申込み時1回だけ)

 

よって、融資金額や融資期間が同じでも、外枠方式より内枠方式のがローン金利は高くなりますので、申し込みの際には、よく検討する必要があります。

 

<住宅コンサルタントからひと言>

住宅ローンを検討する際、金利には敏感な人でも団信の保険料まで計算する人は少ないでしょう。営業マンはここまで説明しませんし、そもそも知らないかもしれません。読者の皆様は、これを機会に団信保険料についても考慮し、少しでも諸費用を節約しましょう。

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2015/09/12