金融機関によって金利の適用時期は違う
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

日銀の金融政策
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

金利は常に変動しますが、いつの時点の金利が適用されるのでしょうか?

[New!]宅建資格の格上げは「仏作って魂入れず」だ!

[New!]データが証明!高学歴な人ほど高額マンションを買っていた

[New!]マンション建て替え成功事例は半世紀でわずか183棟のみ

[New!]上空から広告看板が落下してきて大ケガ 誰に訴えればいい?

[New!]住宅ローンでの「保証」と「保険」は似て非なり 混同するな!

 

 

住宅雑誌などで物件を探しはじめてからモデルルームを見学し、資金の相談、そして、売買契約、住宅ローンの申し込み、さらに内覧会、金消契約(住宅ローンの正式な契約)、最後に引き渡しと、実際にローンの支払いが始まるまでには半年から場合によっては1年以上かかることもあります。この間も金利は絶えず上下しますが、はたして「どの時点」の金利が適用されるのでしょうか?

これは、公的ローンと民間ローンで違いがあり、下記のように決まっています。

 

ローンの種類 適用時期
<公的ローン>

財形住宅融資など

申し込み時
フラット35 ローンの実行時
<民間ローン>

銀行ローン・生保ローンなど

ローンの実行時

 

財形住宅融資などで適用される「申込み時」とは、金融機関に住宅ローンの申込書を持ち込み、受理された時点のことです。

これに対し、銀行ローンなどの「ローン実行時」とは、銀行から実際にお金を受け取る時点のことです。原則、ローンの実行は物件の引き渡しと同時に行われますので、引き渡し日の金利が適用されると考えてよいでしょう。

従って、注意しなければならないのは、契約時に立てた資金計画が違ってくる可能性があるという点です。「契約時点の金利」より「引き渡し時点の金利」の方が高い場合は、毎月の支払額も増えてしまいます。余裕を持った資金計画を心がけてください。

 

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2015/05/17