「手段」と「目的」を混同するな!
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

激動!日本の歴史
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

 マイホーム購入の落とし穴!「手段」と「目的」を混同するな!!

長引く不景気のせいか、近頃はパソコンや英語、さらには公務員や税理士など、資格を取ることがブームになっています。「就職に有利になるように…」「給料アップのため」「将来の独立を考えて…」など、様々な受験動機で勉学に励んでいることでしょう。とても感心させられます。

しかし、資格取得にあたって、合格は「目的」ではないはずです。

たとえば、資格マニアの人にとってはライセンスを保持していることが重要なだけに、資格取得を目的としても問題ないでしょう。ところが、その他の人は前述のように、就職や給与アップ、あるいは独立が「目的」であって、合格そのものは「手段」でしかないはずです。資格取得は“通過点”にしか過ぎず、手にした資格をどのように活用するかが重要になります。つまり、合格は「目標」ではあっても「目的」ではないのです。

 

こうした考え方は、マイホーム購入にも当てはまります。「住宅取得は男子一生の仕事」と言われることがありますが、家を手にすることを目的にしてしまったら、目的が達成された段階ですべてが終わってしまいます。「広い部屋が欲しい」「家賃がもったいない」「老後の住まいの確保」など、購入動機はそれぞれでしょうが、究極の目的は『ご本人および家族のしあわせ』のためでなければ意味がありません。

マンションにしろ一戸建てにしろ、住宅そのものは生活の基盤でしかなく、屋根と壁に囲まれた空間の中で、いかに「夢」のある生活が送れるかがポイントです。理想の豪邸を手にしても、毎日、夫婦ゲンカが絶えないようでは困ってしまいます。

新居への引越しは「スタートライン(出発点)」であり、「ゴール(目的地)」ではありません。

皆さんにとって、家を持つことの意味とは一体、何なのか?

マイホーム購入は「手段」であり、決して「目的」ではないことを、ご理解いただきたいと思います。

 

 

 

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2013/08/10