色々な畳のサイズ
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

激動!日本の歴史
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

マンションの和室は「団地サイズ」などと言われますが、畳にはどういう種類があるのでしょうか?

[New!]3度目の「住宅エコポイント」は本当にお得か?

[New!]エレベーターに乗らない1階住民 その分、管理費を安くできる?  

[New!]フラット35Sの金利引き下げ幅が拡大 改正内容をチェック!

[New!]弱含む鋼材価格にセメント価格 マンション資材価格の動向

[New!]マンションの修繕積立金が足りない さあ、どうする?

 

 

日本の中でも、地域によって畳の大きさに違いがあります。

名 称 サイズ

寸 表示

地  域

cm 表示

京間(本間) 6尺3寸×3尺1寸5分 京都を中心に関西地方
191cm×95.5cm
中京間 6尺×3尺 名古屋を中心に中京地方
182cm×91cm
江戸間 5尺8寸×2尺9寸 東京を中心に関東地方
176cm×88cm
団地サイズ 5尺6寸×2尺8寸 団地など
170cm×85cm

       1寸=3.03cm  1尺=30.3cm   1寸×10=1尺 

 

どうして、団地サイズは他サイズより小さいのでしょうか?

 考えられる理由として   

  1. 「長さの単位」の違いによる場合
  2. 壁の厚さ、柱の出っ張りによる場合      

の2つが挙げられます。

まず、長さの単位が違う場合については、建物の設計をするときに基礎となる寸法を「モジュール」といいますが、在来の基礎寸法の181.8cm(1間=6尺)を180cmとして建設された場合、「面積=長さ×長さ」となるために、その結果、面積は縮小されます。

高度経済成長時代、大量に住宅を建設する必要があったため、「早く」「安く」「大量」に畳を生産するためにサイズの規格を統一したことが背景にあるとされています。

ご存知のようにマンションの壁はコンクリートで作られています。本来は木造住宅で使われていた畳をマンションにも使用した場合、壁芯(=壁の中心)を基準に設計されたマンションではスラブ(コンクリート)の中心線から壁の内側分が厚みがあるので、その分部屋の面積が小さくなり、今までのサイズの畳ではきちんと納まらなくなってしまったからなのです。

おまけに、柱の出っ張りが部屋の面積をさらに狭めているのも原因と考えられます。

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2015/02/14