最多価格帯と中心価格帯
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

激動!日本の歴史
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

 最多価格帯と中心価格帯の違いは?

広告の物件概要を見ると、よく「最多価格帯」という言葉が出てきます。中には「中心価格帯」と同じ意味だと思っているユーザーもいるかと思いますので、両者の違いを説明します。

数学や統計学に出てくる『メジアン』『モード』を思い出して下さい。

メジアン  中央値:順番に並んだデータの数値のうち、順番が真ん中になる数値
モード  最頻値:最も多く現れる数値

まさしく 最多価格帯=モード

     中心価格帯=メジアン   です。

 <例> 販売価格 3,980万円

             4,350万円 4,380万円 4,390万円

             4,590万円

             4,820万円 4,850万円

             5,330万円 5,390万円

             5,870万円

             6,220万円

      ⇒  最多価格帯:4,300万円台  中心価格帯:4,800万円台

 

「最多価格帯が4,300万円ということは、4,300万円の予算があれば殆どの住戸は買える」と考えがちですが、上記の<例>では11住戸中、手が届くのは4住戸だけで、残りの7住戸は予算オーバーということになります。“数字のマジック”といったら大げさかも知れませんが、価格を決める際も、売主サイドではこうしたことも考えて値付けをしているのです。

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2014/05/05