先着受付か抽選受付か
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

激動!日本の歴史
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

 先着受付か抽選受付かは、誰が決めるのでしょうか?

■特段、決まりがあるわけではない

新聞チラシや住宅雑誌に「パークハイツ△△、○月×日より先着受付開始」などと掲載されているのをよく目にしますが、「受付期間は何日以上ないといけない」とか「受付開始は土曜日からでないといけない」といった規則は全くありません。

ただひとつ規制されているのが、住宅金融公庫の融資が付いている物件(広告には「優良分譲住宅購入資金融資」と記載)は、公庫の指導で新規販売の際、必ず抽選で受け付けなければならないと決められています。

「先着」か「抽選」か、あるいは「受付はいつから」「契約日は××日」といった販売スケジュールは、事業主または販売会社の四半期の決算日にきちんと売上を計上できるように、あるいは、集客目標人数を決め、その人数を集客できるであろう期間を計算(逆算)して決めます。要するに、ほとんどが売主サイドの一方的な都合で決まるのです。

 

 ◆◇ 参考 ◇

公庫融資付き住宅   事前に住宅金融公庫の審査を受けて合格した新築住宅で、購入者は公募され、抽選によって決定することが義務づけれらている。「優良分譲住宅購入融資」を利用する住宅がこれに当たり、融資の申込みは一年中可能。
公庫利用可住宅  公庫の基準を満たして建設された住宅で、「マンション購入融資」「建売住宅購入融資」などを利用する住宅がこれに当たる。融資の申込みは、年6回の受付期間に行う。

 (※)平成16年度の申し込みより年6回の受け付けはなくなり、通年で申し込みができるようになっています。

※住宅金融公庫は2007年4月から、独立行政法人「住宅金融支援機構」に生まれ変わりました。

 

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2014/05/05