繰上げ返済した場合の注意点
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

激動!日本の歴史
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

「期間短縮」型の繰り上げ返済は注意しましょう。  【PR】表札と看板の通販 

思い出してみましょう。住宅ローン控除を受けるためには何年以上の住宅ローンを組んでいなければいけないか?

そうです、正解は「10年以上」です。ですから、たとえば期間短縮型の繰り上げ返済をまとめて行い、通算の返済期間が10年未満になったとしたら……。その後は、住宅ローン控除の恩恵を受けられなくなります。せっかく10年間、税金が還付されることを期待して購入に踏み切ったのであれば、なおさら、あってはならないことでしょう。

しかし、あくまで「期間短縮」での繰り上げ返済をした場合だけで、毎月の返済額を減らす「返済額圧縮型」の場合は、ローンの返済期間は今までと変わりません。引き続き、住宅ローン控除を受けられます。

  

【参考】どうして繰り上げ返済すると、ローン控除が受けられなくなるの?

冒頭にも書きましたが、住宅ローンの返済年数が10年未満となってしまうからです。しかし、繰り上げ返済をすれば絶対、ローン控除の適用が受けられなくなるということではありません。仕組みを以下、解説いたします。

≪ケース1≫ 

契約時に15年完済の住宅ローンを組み、現在、3年経過。本来であれば完済まであと12年ですが、まとまった資金ができて期間短縮型の繰り上げ返済をしました。その結果、ローン返済期間が3年分なくなり、完済までのローン返済期間が9年間となりました。   

 ⇒ この場合、ローン控除は引き続き受けられます。

≪ケース2≫

契約時に12年完済の住宅ローンを組み、現在、3年経過。本来であれば完済まであと9年ですが、まとまった資金ができて、期間短縮型の繰り上げ返済をしました。その結果、ローン返済期間が3年分なくなり、完済までローン返済期間が6年間となりました。   

 ⇒ この場合、ローン控除は受けられなくなります。

 

【解説】住宅ローンの返済期間をどの様にカウントするかがポイントとなります。

 

   ローン支払いをスタートし、実際に払い終わっている期間

                  

  期間短縮型の繰り上げ返済後、ローン完済までの残りの返済期間

 =「10年以上」残っているかどうか?

 

ケース1では、「支払い済み期間3年」+「繰り上げ返済後のローン期間9年」=12年となり、控除の対象です。一方、ケース2では同様に「支払い済み期間3年」+「繰り上げ返済後のローン期間6年」=9年となり、対象外となるのです。

 

<補 足>

「毎月払い」と「ボーナス払い」を併用している場合に、ボーナス返済部分のみを繰り上げ返済して、毎月払いだけの支払いになったとします。この場合には「期間短縮」とはなりませんので、住宅ローン控除には影響しません。

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2012/12/13