無料相談回答集(5)
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

激動!日本の歴史
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

 【ご注意とお願い】     

以下の内容は、メールでいただいた情報のみで回答しております。従いまして事実関係を十分に把握したうえでの回答ではありませんので、ひとつの参考例としてお役立て下さい。また、最終的な判断は皆さまにてお願い致します。

回答1 回答2 回答3 回答4 回答5 回答6  回答7 回答8 回答9 回答10

 夫が自己都合で会社を退職し、その後再就職できましたが、収入は半分程度に減ってしまったのでローンの返済が行き詰まっています。

 夫の父親名義の住宅を増築した時のリフォームローン(ローン名義は夫)が320万円(残り11年)と、さらに、自宅のローン2700万円(残り33年)の2本を抱えており、限界の状態です。法的措置も取られると聞いていますが、どのようなことでしょう(2005/01/10 大西さん)。

法的措置とは「競売」のことではないでしょうか?ローンの支払いが滞納してしまい、返済の見込みが期待できなくなり、債務(借金)が不良債権化しそうになると、金融機関は現金化して融資を回収しようとします。現金化する方法が抵当物件(=ご自宅)を強制売却すること、つまり「競売」です。

競売を実行するにはおよそ半年程度かかるため、現実には即座に競売とはなりません。

これから出来ることとし、返済期間の延長(毎月負担額を下げる)や、高い金利で借り入れを起こしていればローンの借り替え(ただし、ご自宅の担保価値による)など、金融機関と返済計画を立て直すことが先決です。早め早めの行動が欠かせません。

 保証料についてお伺いします。H12年に投資用マンションを購入しましたが、当初の金利が高かったので借り替えするつもりです。借り替えにあたり、仕組みとしては現在のローンを一度全額返済して新たなローンを借り直すわけですから、借り替え前の融資を受ける際に支払った保証料は、短縮された期間に応じて返還されると思っています。

 ところが、借り替え前のローン保証料は販売会社が連帯保証人となっており、販売会社に一括して支払ったため、返金請求に応じません。どうすればいいのでしょうか?(2005/01/09 困ったさん)

「販売会社が連帯保証人」という意味がよく分かりませんが、保証料は保証会社に支払うべきで、なぜ販売会社に支払ったのでしょうか?販売会社を経由(代理受領)して保証会社に届いていれば、保証会社と交渉するべきですし、あくまで想像ですが販売会社が保証料を受け取っているのではないでしょうか?

「誰が保証料を受け取ったのか」事実関係をはっきりさせることが先決でしょう。受け取った相手がはっきりすれば、その相手に返還請求するのです。

その後の進展がありましたら、是非、ご報告ください。お待ちしております。

 昨年に中古住宅(2200万円、築29年)の売買契約を済ませ、今年(H17年)3月中旬に残金精算するつもりです。入居時にリフォーム(500万円程度)も考えており、平成17年度の税制改正で一定の要件のもと住宅ローン減税の「築年数要件」が撤廃される予定とのことなので、うまく減税を受けたいと思っています。問題ないでしょうか(2005/01/09 伊藤さん)。

まず始めにリフォームローンと住宅ローン減税の関係についてですが、H17年度の税制改正に関係なく、今回のケースではリフォームローン部分について所得税還付は受けられません。減税の対象となるのは、中古住宅取得に要したローン部分だけです。

 詳しくは【関連サイト】 リフォームの場合の築年数要件 をご参照ください。

次に、年末に発表された税制改正大綱が確定する前提で、以下、話を進めます。H17年1月16日時点での回答例です。改正(予定)内容を復習しますと

住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除の適用対象となる既存住宅の範囲に、地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準、またはこれに準ずるものに適合する一定の既存住宅を加える。ただし、H17年4月1日以降に既存住宅の取得をし、自己の居住の用に供する場合に適用する。

新制度の適用を受けるためにはH17年4月1日以降に既存住宅の取得をし、自己の居住の用に供しなければなりません。「取得日」とは「引き渡し日」あるいは「登記の移転日」とするのが通例です。ご質問の内容ではH17年3月時点で残金精算を行うとのことですので、「残金精算」=「取得」と解釈されるかどうか、税務署で確認する必要があります。

また耐震基準については、現在、はっきりしたことは分かっておりません。

 新築一戸建て住宅(建物2500万円、土地1150万円)の購入を検討しています。夫婦共働き、夫は27歳で年収450万円、妻は28歳、同450万円です。頭金は1200万円を予定しています。

 資金計画で相談なのですが、夫が会社で財形を積み立てており、残額が70万円あります。財形融資を考えていますが、手続きが面倒らしく会社の人も頼りになりません。また、同時に銀行からも10年固定特約(2.4%)で借り入れを起こそうと思っています。

 財形の仕組みがよく分からないこともあり、どの様にローンを組むべきか迷っています(2005/01/05 匿名さん)。

財形には「公庫財形」と「事業主財形」の2種類あります。

公庫財形とは住宅金融公庫から直接融資を受ける財形で、財形貯蓄(一般、年金、住宅いずれの財形貯蓄でも可)を1年以上続け、50万円以上の残高があれば財形貯蓄残高の10倍(ただし購入住宅の8割まで)まで借りることができます。申し込みできるのは、勤務先から住宅手当や利子補給などの援助(「負担軽減措置」といいます)が受けられる70歳未満(申し込み時)の方です。

申し込みは、マイホームを管轄する「住宅金融公庫業務取扱店」と表示のある金融機関で受け付けます。

一方の事業主財形とは雇用・能力開発機構(=財形の運営機関)が勤務先を通して融資する制度で、手続きはすべて勤務先で行います。融資条件も勤務先によって異なり、一般的には公庫財形より有利とされています。感覚としては社内融資に近い性格を持ち合わせていますが、勤務先を退職する際には残金を一括返済しなければなりません。転職などの制約が出てきます。

アドバイスとしては、最初にどちらの財形が利用できるのかを確認しましょう。事業主財形が可能であれば、融資条件を確認し、公庫財形と比較して有利な方を選択すればいいでしょう。

財形融資は金利が低いだけではなく、様々な優遇措置(負担軽減措置など)も用意されていますので、上手に活用してください。

 私(妻)の主人方の両親が自宅の買い替えをしたいと言い出してきました。私たち家族(賃貸)と両親は現在、同居していませんし、買い替え後も予定はありません。義理の父名義のマンション(ローンはなし)を売却して、新たに中古マンションを購入したいということですが、売却資金と両親の貯蓄だけでは予算が足りず、不足分1000万円を主人(34歳、年収400万円)がローンを組むことで補って欲しい、というのです。義理の父は58歳、会社員(60歳で定年退職予定)で月収は19万円程度です。義理の母(58歳)は専業主婦です。

 実際の毎月の返済は両親が自分たちで行うというので、私たちは「名義を貸す」だけで実質的な負担はありませんが、今度は自分たちでマイホームを取得する際に障害が発生しないか心配です。よきアドバイスをお願いします(2005/01/04 ナナシさん)。

最初に考えたいのは、あと少しでお父さんは定年を迎える予定ですので、退職金を不足分に充てることはできないでしょうか?2年間待たなければなりませんが、可能であればすべて現金決済となりますので、最もシンプルな解決方法です。

次に考えられるのは、いずれやってくる相続を見越して、両親のどちらかが他界した場合に同居する考えがあれば、親子リレー返済を利用して住宅ローンを組むのも1つです。最初は両親だけが住み、いずれ子供世帯が住む(将来同居)ことができます。デメリットとして、すべての金融機関では取り扱っていない(同時に同居が条件)ことと、親子リレー返済を利用するとご主人は新たに住宅ローンを組めません。

また、住宅ローンは申し込み本人が居住することを融資条件にしていますので、両親(だけ)が住むための住宅資金とし、息子(ご主人)が借り入れを起こそうとしてもほとんどの銀行はお金を貸しません。「投資マンション用」として利用されるような信販系などノンバンクからの融資となります。ノンバンクは金利が高く、審査も厳しいので簡単には融資を受けられないでしょう。

最善策としては、退職金を充てにするか、手持ち資金で届く範囲のマンションを購入することです。

 平成15年に一戸建てを購入し、同年に入居しました。繰り上げ返済について相談したいのですが、100万円を繰り上げ返済する場合、どちらが得でしょうか?我が家は2ヶ所からの借り入れをしていまして、

 1)労働金庫から2220万円 3年固定金利1.0% 35年返済 (平成15年10月より返済開始)

 2)社内融資 790万円 固定金利2.38% 25年返済 (平成14年4月より返済開始)

労働金庫は繰り上げ返済するのに2万1000円の手数料が必要になります。一般的には金利の高いローンを優先するといいますが、金利の低い時に「元金を多く返済する」ことはどうでしょうか(2004/12/30 田村さん)。

最初の検討事項として、社内融資の「しがらみ」は問題ありませんか?独立や転職を思い立ったときに、会社から融資を受けていると退職できないことがあります。借り入れ額がそれ程大金ではないので退職金で精算できる範囲とは思いますが、中期的に独立などの予定があれば早めに返済するのがベターでしょう。

次に、繰り上げ返済をシュミレーションしてみます。労働金庫と社内融資では返済開始時期にズレがありますが、どちらも平成17年2月に約100万円を期間短縮型で繰り上げ返済したとすると

労働金庫では、約37万5000円の利息が削減可能(ただし、4年目以降も金利は1.0%で計算)
社内融資では、約61万5000円の利息が削減可能

となります。労金は22か月分、社内融資は46か月分の期間短縮となります。

  <お願い> 最終的な計算結果は金融機関でご確認いただけますよう、お願いします。

 これから新築一戸建ての購入を考えています。検討している物件は1780万円なのですが、自己資金が50万円しかありません。夫は年収450万円(30歳)で、毎月8万円までなら返済できます。

頭金以外にも諸費用が必要になるのは分かるのですが、諸費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?こうした返済能力でマイホームが買えるのか教えて下さい(2004/12/29 三谷さん)。

まず、諸費用についてご説明します。マイホームの購入代金以外に必要となる費用で、「現金」で用意しなければなりません(通常、ローンは組めません)。一般的な内訳(例)は

  1. ローンを組むための費用(金融機関への事務手数料、保証会社への保証料、住民票などの必要書類)
  2. 売買契約または請負契約を締結するのに必要となる費用(印紙代)
  3. 登記するための費用(登録免許税、司法書士への手数料) 
  4. その他  例:保険料 修繕積立基金(マンションの場合) 水道負担金(建売住宅の場合)
  5. 中古物件の売買では、1〜4以外に仲介手数料が必要になります。
  6. 引越し費用、カーテンや家具の新調費用

マイホーム取得価格や借り入れ金額によって異なりますが、上記1〜3だけを合計しても50万円程度は必要になります。5番目の仲介手数料は利率が法律で定められており、『成約価格×3%+消費税』となります。

次に「頭金ゼロでマイホームが買えるか」=「100%ローンが組めるか」と言われれば、絶対に無理ではありませんが、その他に条件が必要です。例えば、他に不動産を所有していれば担保として差し出す、売主の不動産会社があっせんする無担保融資(提携ローン)を利用する、などが想定されます。

ご相談のケースでは諸費用として約100万円、頭金として約200万円(物件価格の1割)、合計で300万円の現金が欲しいところです。

 一戸建ての注文建築を検討しています。住宅の予算が3000万円、諸費用として別途300万円を考えていますが、この場合に1年間の返済額はいくらぐらいになるでしょうか?

 ちなみに私(30歳)は3人家族で、年収450万円、貯金は1900万円です(2004/12/10 飯田さん)。

年収から逆算して、「いくらまで借りられるのか」計算してみましょう。年収が450万円(税込)なので、返済比率を25%と設定すると、1年間のローン返済額は112万5000円(450万円×25%)です。

金利3.0%で30年、元利均等返済のローンを組んだとすると、借り入れ可能額は約2220万円となります。金利を4.0%で30年返済とすると、可能額は約1960万円となります。頭金を1000万円(諸費用は別途、必要)として、住宅ローンを2000万円組んで30年で返済していくと、無理のない資金計画になります。

自己資金に余裕があれば、返済期間を短縮するなり、繰り上げ返済を活用することも有効となります。

 現在、二世帯住宅に住んでいます。土地先行購入で2000万円のローンを組み、その半年後に建物部分550万円、合計で2550万円を組みました。マイホームの名義人は私1人だけではないため、私の持分割合は土地部分が8分の3、建物部分が100分の51となっています。一方、住宅ローンの名義人は100%私です。

 土地先行購入にてローンを組んだために「土地取得のためのローン」「建物建設のためのローン」と、ローンの名目が別々になっており、今回、ローンの借り替えを行うことで、この名目を1つにまとめたいと考えています。

 2年前に建物は完成し、その後毎年住宅ローン減税の適用は受けているのですが、住宅ローンの名目を1つにまとめることで、ローン減税の還付額にどういう影響が出るでしょうか?なお、借り替え後も名義の持分割合は変更ありません(2004/12/07 タニさん)。

住宅ローンを借り替えた際に、再び住宅ローン減税の適用を受けるためには、以下の要件を満たすことが必要となります。

  1. 新しい住宅ローンが当初の住宅ローンの返済のためのものであることが明らかであること
  2. 新しい住宅ローンが10年以上の返済期間であること

今回の相談では、土地と建物で二分されていたローンの名目をひとまとめにするだけで、名義の変更もありませんので、いままで還付されていた減税額に変更ありません。特に影響はないはずです。

 昨年(平成15年)にマンションを購入し、私ひとりで銀行から2400万円を借りました。マンションの名義も私1人です。今年2月に確定申告を行い、住宅ローン減税により所得税還付を受けましたが、今年に結婚をし、夫の扶養となりました。そのため会社を退職し、住宅ローンの返済は夫の収入のみから行うようになりましたが、この場合に住宅ローン減税は引き続き受けることができるでしょうか?(2004/12/02 ミズノさん)

「ローンの名義」および「マンションの名義」がともに奥様にある状態で、名義には直接関与しない第三者、当該ケースではご主人が代わりにローンの返済を行うことは、税制上、夫から妻への贈与に該当します。夫婦それぞれがローンを組み2人で返済していて、その後奥様が退職してしまい、ご主人が単独で2人分の返済を行うケースでは一般的に贈与税を課すことはしませんが、ご相談の内容では贈与税の対象となります。

そこでまず始めに、ローンの融資元(金融機関)へ「奥様が退職し、代わりにご主人が単独で返済している」ことを連絡しましょう。併せて、税務署へも対応策を相談するようにして下さい。

住宅ローン減税に関しては、会社にそのまま勤務していれば2年目以降、年末調整と同時に手続きを行ってくれますが、すでに退職している以上、不可能です。そこで確定申告をすることとなりますが、その際の必要書類となる「源泉徴収票」が入手できませんし、奥様は(収入がないため)所得税自体を支払っていませんので、住宅ローン減税の還付を受けることはできません。

 

回答1 回答2 回答3 回答4 回答5 回答6  回答7 回答8 回答9 回答10

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2011/09/03