年間返済率を考える
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

日銀の金融政策
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

「年間の支払額は年収の25%以内にしましょう」・・・その根拠とは?

[New!]宅建資格の格上げは「仏作って魂入れず」だ!

[New!]データが証明!高学歴な人ほど高額マンションを買っていた

[New!]マンション建て替え成功事例は半世紀でわずか183棟のみ

[New!]住宅ローンでの「保証」と「保険」は似て非なり 混同するな!

 

ローンマニュアルや市販の本を見ると『年間の返済額は年収の25%以内にしましょう』と書いてありますが、どういう意味か理解していますでしょうか? たとえば、年収が500万円(税込み)とすると、その25%=125万円までを年間返済額の上限としましょう、ということです。

500万円もらっているので、住宅ローンとして年間125万円を支払っても、差し引き375万円(=500万円−125万円)あれば生活は何とかなると考えがちですが、よく考えてみてください。年収500万円のサラリーマンが『手取り』で500万円を手にしているのでしょうか?

答えは NO です。所得税や社会保険料が源泉徴収されますので、手取りでは当然、減ってしまいます。では、実際の手取り金額はいくらぐらいかというと、

 

  社会保険料:(厚生年金保険料、健康保険料、失業保険料)税込年収の約10%


  所得税:給与所得控除や各種控除(扶養、配偶者など)を差し引いておよそ15万円

                    (年収500万円の場合)

  ⇒ 税込年収500万円−(社会保険料50万円+所得税15万円)=435万円

となります。そして、この金額を『可処分所得』と言います。

その結果、435万円−125万円=310万円が、ローン返済後の“手取り”金額となるのです。

もう一歩、踏み込んで、ローンの年間返済額は125万円ですが、マンションではさらに管理費や修繕積立金が別途必要になりますので、手元には300万円も残らなくなってしまいます。一番最初に書いた『年間返済額は年収の25%以内』は、税込年収ではなく“可処分所得”の25%ということを覚えておきましょう。

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2015/05/17