団信がおりる場合、おりない場合
ホーム メールマガジン 取材・問合せ メディア実績 有料サービス サイトマップ

 

日銀の金融政策
不動産関連ニュース
倒産危険度ランキング
おすすめ連載コラム
ローン・契約・諸費用
住宅ローン攻略法
住宅ローン&金利
主要国の政策金利
長期プライムレート
住宅ローン控除
DATA&ランキング
住まいのチェックリスト
ペイオフ対策
営業マンとの付合い方
住宅管理エトセトラ
素朴な疑問Q&A
住宅ローン無料相談
なぜ家を求めるのか
有料メルマガ

   

 

 

 

どういう場合に保険金が支払われるのでしょうか?      

[New!]団信保険 死亡・高度障害による債務弁済手続きの流れ 

[New!]団信保険の告知義務違反 その行く末は?  

 

[New!]宅建資格の格上げは「仏作って魂入れず」だ!

[New!]データが証明!高学歴な人ほど高額マンションを買っていた

[New!]住宅ローンでの「保証」と「保険」は似て非なり 混同するな!

[New!]管理組合の役員になると、どういう仕事をするの?

 

住宅ローンを利用する際に、ほとんどの方は団体信用生命保険(団信)に加入すると思いますが、その目的はご主人(あるいは奥様)に万が一のことがあった場合に、住宅ローンの返済に困らないようにすることにあります。保険金がおりる条件は、加入者が死亡または高度障害状態となった場合としており、この場合の高度障害が具体的にどういう状態なのかが問題となってきます。

「高度障害状態」とは、保障の開始日以後の障害または疾病により、保障期間中に次の(1)〜(8)のいずれかの状態になった場合を指します。

 

  1. 両眼の視力を全く永久に失ったもの
  2. 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
  3. 中枢神経系または精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
  4. 胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
  5. 両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  6. 両下肢とも、足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  7. 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  8. 1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

 

■ 介護保険法に基づく要介護認定となった場合

上記(3)(4)では「終身常に介護を要するもの」とありますが、介護認定=高度障害状態とは判断されません。介護保険法による「要介護」認定基準と、団信による高度障害の認定基準が別次元のものであるため関連性が存在しないからです。

基本的な考え方は、ある病状が発症した場合にその病状に回復の見込みがなく、症状が固定したと認定されてはじめて高度障害状態と判断されるようです。発病しても症状が固定せずに回復の可能性が期待できる場合は高度障害とはなりません。

 

■ 人工透析を受けている場合

このケースは、保険金支払いの対象になりません。

高度障害についての判定は個別要因が大きいため、ケースバイケースで対応しているのが現状です。保険会社では該当するかどうか事前判定してくれますので、医師の診断書などを用意して、加入先の生命保険会社へ相談することが先決です。

 

 

[ ホーム ] [ 上へ ] [ メールマガジン ] [ 取材・問合せ ] [ メディア実績 ] [ 有料サービス ] [ サイトマップ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@e-sumaisagashi.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 e住まい探しドットコム
最終更新日 : 2015/05/17